• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岡山県北東部、那岐山南麓に吹く局地風。夏から秋にかけて発生することが多い北寄りの風で、西日本を台風が通過する際に、風速50メートルに達する強風になることがある。那岐おろし。

[補説]やまじ風清川だしと合わせ、日本三大局地風に数えられる。

[地学/気象]カテゴリの言葉