• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市右京区嵯峨広沢にある池。古来、観月・観桜の名所。平安中期、宇多天皇の孫、寛朝 (かんちょう) 僧正がつくったという。周囲約1キロ。[歌枕]

「秋の月の影やいづくととひゆけばこたへて澄める―」〈拾玉集・二〉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉