• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 舞事 (まいごと) の一。初めにの部分がある静かで典雅な舞。また、その囃子 (はやし) 。笛地に大鼓・小鼓および太鼓ではやす。三番目物シテの優美な女性などが舞う。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。時代物の貴人の邸の場などで、人物の出入りやせりふの間に用いる静かな鳴り物。大鼓・小鼓・太鼓ではやす。

[補説]作品名別項。→序の舞
女流日本画家、上村松園の後期の代表作。昭和11年(1936)の文展招待展に出品、政府買上げとなった美人画。国指定重要文化財。
宮尾登美子の小説。日本画家、上村松園をモデルとする。昭和57年(1982)、上下2巻で刊行。第17回吉川英治文学賞受賞。