1. 序としての文章。前書き。はしがき。序文。

  1. 和歌や擬古文などで、意味上または音声上の連想から、ある語句を導き出すために前に置く言葉。枕詞 (まくらことば) は1句(5音)を基準とし、音数の制約があるが、序詞は2句以上にわたり制限がない。例えば「あしひきの山鳥の尾のしだりをの長長し夜をひとりかもねむ」〈人麻呂集〉の歌で、はじめの3句の部分は「長長し」の序詞である。じょことば。

  1. 演劇などで、開幕のときに述べたり歌ったりする前口上 (まえこうじょう) 。観客に内容を暗示したり、幕前の経過を報告したりするのに用いる。プロローグ。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫