[名](スル)奥底に光がひそんでいるように見えること。また、その光。深みのある人柄・技芸などについてもいう。「磨き込まれて底光りする床柱」「底光りのする渋い芸」

出典:青空文庫