• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

庖丁解牛の解説 - 学研 四字熟語辞典

熟練者のみごとな腕前のたとえ。
注記
「庖」は、料理人。「丁」は、人名。「庖丁」は、包丁ほうちょうの語源だが、「丁」を「ちょう」とは読まない。「解牛」は、牛を解体すること。「庖丁ほうていうしを解く」と読み下す。
故事
料理人の丁が文恵君ぶんけいくんのため牛を解体したところ、神業のようなみごとさで、牛刀の肉を捌さばく音が音楽のように響き渡ったという。
出典
『荘子そうじ』養生主ようじょうしゅ

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。