• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]ニワトリの古名。
    1. 「物思ふと寝ねず起きたる朝明 (あさけ) にはわびて鳴くなり―さへ」〈・三〇九四〉

[枕]庭に飼う鳥の意から、「鶏 (かけ) 」にかかる。
    1. 「―鶏の垂り尾の」〈・一四一三〉