• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 世捨て人や僧侶などの閑居する小さな草葺 (くさぶ) きの家。草庵。いおり。「―を結ぶ」

  1. 大きな禅寺に付属している小さな僧房。

[接尾]文人・茶人やそれらの人の住居、また料亭などの名に添えて、雅号・屋号として用いる。「芭蕉―」「好日―」

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉