1. 庶出の子。妾の産んだ子。

  1. 民法旧規定で、父が認知した私生児。現行民法ではこの名称は廃止され、父が認知した子、また認知を受けていない子をも含めて「嫡出でない子」という。⇔嫡子

  1. 古代・中世、嫡子以外の実子。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[社会/法律]カテゴリの言葉