• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室町中期の権大外記中原康富の日記。応永24年(1417)から康正元年(1455)に至る記事が断続して残り、内容は公家・武家の事のほか多方面にわたる。自筆本が現存。中原康富記。康富御記。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉