• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の略称》廃棄物の排出を抑制し、排出した廃棄物は適正に分別し、保管・収集・運搬・再生・処分等の処理を行い、生活環境の保全、公衆衛生の向上を図ることを目的として定めた法律。昭和45年(1970)成立。廃棄物(大きくは一般廃棄物産業廃棄物に分類)を定義し、国・地方自治体、個人や事業者の責務を規定している。→循環型社会形成推進基本法

[社会/法律]カテゴリの言葉