• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[名・形動]

  1. 値が安いこと。また、そのさま。安価。廉価。

    1. 「治療代の案外―なのを喜んだ」〈漱石

  1. 心が清らかで欲が少ないこと。また、そのさま。

    1. 「これを避けて用ゐざる事は、実に―なりとやいはん」〈国歌八論