律令制で、太政官 (だいじょうかん) に属し、文書事務や、諸官司・諸国との連絡などをつかさどった官。左弁官右弁官に分かれ、それぞれ大弁中弁少弁が置かれ、その下に大史少史があった。おおともい。おおともいのつかさ。弁。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉