• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃御所桜堀川夜討」の三段目切 (きり) の通称。義経の正室京の君の首受け取りの上使となった弁慶が、初めて会ったわが娘の信夫 (しのぶ) を身代わりとする苦衷を描く。