1. 物事の区別を見分けること。「上下の―」

  1. 物事を十分に理解すること。わきまえ。「是非の―」

  1. 弁官 (べんかん) 

  1. 花びら。また、その数をかぞえる語。「五―の花」

  1. 管の途中や両端にあって、流体の遮断や流量の調整などのため、開閉できる装置。バルブ。「―を開く」

  1. 心臓などにある弁膜。

  1. ウリの実のなかご。

  1. オルゴールの音源となる櫛歯状 (くしばじょう) の金属板。櫛歯。振動板。

  1. ものの言いよう。話のしかた。「―の立つ人」

  1. 話。言葉で言い表すこと。「社長就任の―」「入社の―」

  1. その地方の言葉づかい。「大阪―」