• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都三十三間堂通し矢で、矢数を最も多く射た者の称。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉