• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

弓を射るとき、袖が弦 (つる) に当たるのを防ぐために、左の手首から肩にかけておおう皮や絹布などで作った筒状の籠手 (こて) 。手纏 (たま) き。射籠手 (いごて) 。弓射籠手。