• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ五(四)]

  1. 地面などをすって引いて行く。「下駄を―・って歩く」

  1. 長い物を垂らして地面などに触れさせる。「裾を―・る」

  1. 無理に連れて行く。「交番に―・って行く」

  1. 故意に長引かせる。「回答を月末まで―・る」

  1. 捨てきれずに今なおもちつづける。いつまでも忘れないでいる。「失恋の痛手を―・る」

  1. (普通「ひきずられる」の形で用いる)他人の行動や考えを引っ張る。影響を与える。「雰囲気に―・られてつい承諾してしまった」