• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ひきいた」の音変化。

「衣手 (ころもで) に水渋 (みしぶ) 付くまで植ゑし田を―我が延 (は) へ守れる苦し」〈・一六三四〉