[名・形動]

  1. 自分が他人より劣っていると感じること。劣等感。気おくれ。「引け目を感じる」

  1. 自分で意識している弱み・欠点。「こちらにも引け目がある」

  1. 目立たないように、自分の言動などをおさえること。また、そのさま。ひかえ目。

    1. 「小遣銭でも貰えれば結構だと至極―な望みを起していた」〈荷風・おかめ笹〉

  1. 穀類・液体などを他の容器に移すとき、量目が減ること。また、その量目。

出典:青空文庫