• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ゆるやかな曲節をつけて阿弥陀経を唱えること。円仁 (えんにん) が唐から伝え、比叡山で行ったのが初めといわれ、京都の真如堂などで行われる。引声の阿弥陀経。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉