• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 人に代わって売買や取引をし、その損失が自分の負債となること。また、その負債。

  1. 主家の金を奉公人が使い込むこと。また、その金銭。

    1. 「―をさせてまで、勘定を合わしょうなんど」〈鏡花・草迷宮〉