[動サ五(四)]

  1. 進んできた道をもとへ戻る。ひっかえす。「途中で―・す」

  1. もとの状態に戻る。昔のようになる。

    1. 「まだ(琴ノ)調べも変はらず、―・し、その折、今の心地し給ふ」〈・松風〉

  1. 繰り返す。反復する。

    1. 「御文を、うちも置かず―・し―・し見ゐ給へり」〈・宿木〉

  1. 裏返す。ひっくりかえす。

    1. 「畳、ところどころ―・したり」〈・須磨〉

  1. すぐにもとへ戻す。折り返す。

    1. 「―・し一筆書きて助光が手に渡し給へば」〈太平記・二〉

  1. (連用形を副詞的に用いて)うってかわって。

    1. 「とけ難かりし御気色をおもむけ聞こえ給ひて後、―・しなのめならむは、いとほしかし」〈・夕顔〉

出典:青空文庫