• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

H5型、H7型の鳥インフルエンザのうち、感染した鳥の致死率が低いもの。家畜伝染病予防法では、平成23年(2011)4月の法改正以降、低病原性インフルエンザと呼んでいる。

[補説]改正前の家畜伝染病予防法では、H5型・H7型のすべての鳥インフルエンザウイルスを高病原性とし、致死率の高低によって強毒性弱毒性と呼び分けていた。H5型・H7型以外の低病原性のものには「鳥インフルエンザ」の分類名が用いられている。