• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[枕]

  1. なよ竹がたわむ意から、「とをよる」にかかる。

    1. 「―とをよる児らは」〈・二一七〉

  1. 竹の節 (よ) の意から、「よ」にかかる。

    1. 「―夜ながきうへに」〈古今・雑下〉

  1. 竹の節 (ふし) の意から、「ふし」にかかる。

    1. 「―いたづらふしに明けぬこの夜は」〈新千載・恋三〉