[名]腰のいくらか細くなっている部分で、帯を締めるところ。
    1. 「消えそうな―に、裾模様が軽 (かろ) く靡 (なび) いて」〈鏡花・眉かくしの霊〉

[名・形動]相手に対して向かっていく態度の弱気なこと。意気地のない、消極的な態度をとること。また、そのさま。「交渉に弱腰になる」⇔強腰

出典:青空文庫

出典:gooニュース