• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

張三李四の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ありふれた平凡なつまらない人のたとえ。張氏の三男と李氏の四男の意。張も李も中国ではありふれた非常に多い姓であることから。
出典
『景徳伝灯録けいとくでんとうろく』一九
用例
雪の夜を旗亭の酒に酔いしれて、張三李四の虎物語。<佐佐木信綱・おもひ草>
類語
張王李趙ちょうおうりちょう 張甲李乙ちょうこうりいつ 張三呂四ちょうさんりょし

張三李四の解説 - 学研 四字熟語辞典

張さんの三男、李さんの四男の意で、きわめてありふれた平凡な人間。また、つまらない人間のたとえ。
注記
「張」も「李」も、中国では非常に多くありふれた姓であることから。
出典
『景徳伝灯録けいとくでんとうろく』一九
類語
張王李趙ちょうおうりちょう

張三李四の解説 - 小学館 大辞泉

《中国では多い姓である張氏の三男、李氏の四男の意》ごくありふれた平凡な人物。

キーワード[ありふれた]の四字熟語

キーワード[人物]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。