• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地下にある高温の岩盤に、人為的に裂け目をつくり、そこで蒸気を発生させ、発電に用いる仕組み。高温岩体発電を発展させたもの。井戸を掘って、大量の水と化学物質を高圧で注入し、高温岩体にネットワーク状の亀裂を生じさせ、そこに水を送り込み、発生した蒸気を地表に戻して発電に用いる。強化地熱発電システム。EGS(enhanced geothermal system)。