公家の装束で、袍 (ほう) や直衣 (のうし) などの地質にのりを固く引き、冠帽類には漆を厚く塗って、折り目をつけた形の着装様式。平安末期から流行した。こわしょうぞく。→萎装束 (なえそうぞく) 

[生活/ファッション]カテゴリの言葉