• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 位階に相当する服色。養老の衣服令では、一位は深紫、二・三位は浅紫、四位は深緋 (ふかひ) 、五位は浅緋、六位は深緑、七位は浅緑、八位は深縹 (ふかはなだ) 、初位は浅縹。のち、多少の変化があった。位色 (いしき) 。

  1. 宮中の公事 (くじ) の際、役職の者に賜った装束。

  1. 陰陽道 (おんようどう) で、その年の恵方 (えほう) にあたる色。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉