• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 極彩色と金箔・銀箔を併用した、強烈な色彩効果をもつ障屏画 (しょうへいが) 。桃山時代に隆盛をみた。

  1. 濃彩を施した絵。