1. 彫 (ほ) り刻むこと。ほり。

    1. 「御手 (おほむて) (=御筆跡)は…―深う、強う固う書き給へり」〈・行幸〉

  1. 弦をかけるため、矢筈 (やはず) の上部を削って彫りくぼめた所。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫