• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

熱病の一種。病人の姿が二人に見えて、どちらが本人かわからなくなるというもの。離魂病。影の病 (やまい) 。

「十七君 (かこひ) の女郎に―とりつきけるを」〈浮・敗毒散・五〉