神仏や故人の像に供物をして祭ること。特に、中世に流行した人丸 (ひとまる) 影供のこと。みえいく。

「土御門内大臣家に毎月に―せらるることの侍りし比 (ころ) 」〈無名抄

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉