影法師が身に添うように、いつも寄り添って離れないこと。「―離れず世話する」