• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

役の行者の解説 - 小学館 大辞泉

奈良時代の山岳修行者。修験道の祖。大和国葛城山で修行し、吉野の金峰山 (きんぶせん) 大峰山などに霊場を開いた。仏教に通じ、祈祷 (きとう) ・呪術などをよくしたが、文武天皇のとき、讒言 (ざんげん) によって一時伊豆に流された。生没年未詳。役の優婆塞 (うばそく) 。役の小角 (しょうかく・おづの) 。神変大菩薩 (しんぺんだいぼさつ) 。
坪内逍遥 (つぼうちしょうよう) の戯曲。3幕。大正5年(1916)発表。役の行者がさまざまな危機に打ち勝ち、悟りを開く物語。大正15年(1926)3月に築地小劇場で初演。