[代]遠称の指示代名詞。
  1. 話し手・聞き手の両方から離れた場所をさす。あそこ。「どこも彼処も満員だ」

    1. 「笑声嬉々として此処に起これば、歓呼怒罵乱れて―に湧く」〈独歩・忘れえぬ人々〉

  1. 話の中にあげられた場所をさす。そこ。

    1. 「この山守 (やまもり) が居る所なり。―に小童あり」〈方丈記

出典:青空文庫