[代]

  1. 遠称の指示代名詞

    1. ㋐第三者が持っている物、または、話し手・聞き手の双方に見えている物をさす。あのもの。「彼は何だ」「彼が欲しい」

    2. ㋑双方に見えている場所をさす。あそこ。

      「―に見えるは茶摘みじゃないか」〈文部省唱歌・茶摘〉

    3. ㋒双方が知っている過去の事柄をさす。例のこと。「彼は忘れられない出来事だ」「彼以来からだのぐあいが悪くってねえ」

  1. 三人称の人代名詞。双方に見えている人、分かっている人をさす。あの人。「彼が君の妹か」

  1. 二人称の人代名詞。あなた。

    1. 「―は何する僧ぞと尋ねらるるに」〈宇治拾遺・一〉