• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安末期から明治初期にかけて編集・使用された、一種の初歩教科書の総称。「明衡往来 (めいごうおうらい) 」に始まり、初めは手紙の模範文例集であったが、近世では項目も多様化し、寺子屋の教科書となった。