• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

真言宗では御修法を「みしほ」とよみならわす》正月8日からの7日間、天皇の安穏・国家の繁栄・五穀の豊作などを祈って、宮中の真言院で、東寺長者を導師として行われた真言の秘法。承和元年(834)空海仁明天皇の勅命により中務省において行ったことに始まる。