《「易経」乾卦の「天に先だって天違 (たが) わず、天に後れて天時を奉ず」から》生まれてからのちに身につけること。人が生後に学習・経験などの結果として得るもの。⇔先天