• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

前妻 (こなみ) が後妻 (うわなり) をねたむこと。また、広く女どうしの嫉妬をもいう。

「その神の嫡后 (おほきさき) 須勢理毘売命 (すせりびめのみこと) 、いたく―し給ひき」〈・上〉