• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 後ろの座席。

  1. 説教・浄瑠璃・落語・講談などの興行で、あとのほうに出演すること。また、その人。真打ち。⇔前座

  1. 正式の茶事の後半部分。中立ちのあと、濃い茶薄茶を点 (た) てる、改まった席。→初座

  1. 茶会がひととおりすんだあと、別の座敷でさらに酒食の供応をすること。