• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「論語」子罕から》後進の者は努力しだいでどれほどの力量を身につけるかわからないので、おそれなければならない。