《古くは「ただこと」》技巧などを用いない、ありのままの言葉。歌語でも比喩でもない日常の言葉。

「これは、―に言ひて、物にたとへなどもせぬものなり」〈古今・仮名序〉