• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国代の禅書。6巻。万松行秀 (ばんしょうぎょうしゅう) が、宏智正覚 (わんししょうがく) の「宏智頌古 (じゅこ) 百則」に評唱などを加えたもの。特に曹洞宗で重んじられる。万松老人評唱天童覚和尚頌古従容庵録。