[動ア下二]《本来は下二段動詞「う」の連体形》
  1. え(得)る」に同じ。「うるところが多い」「承認をうる

  1. 動詞の連用形に付いて、…することができる、可能である、の意を表す。「できうるかぎりの努力」「ストライキは回避しうる」→える

[補説]ふつう連体修飾語として用いるが、改まった表現や古めかしい表現には終止法としても用いられる。

出典:青空文庫

出典:gooニュース