• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

女房詞から》

  1. 《御酢文字の意》「鮨 (すし) 」の美化語。

    1. 「近ごろは、―でもお結びでも一口にいけますし」〈康成・十六歳の日記〉

  1. 《御推文字の意》推察の意の尊敬語。ご推察。おすいもじ。

    1. 「その折からのせつなさ、申さぬとても、―あれかしに候」〈浮・御前義経記・七〉