• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「おくましね」の略》神に供える米。→奠稲 (くましね) 

「扇の骨に紙を―のごとくはさみ」〈虎明狂・目近籠骨〉