• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浮世草子。西沢一風作。元禄13年(1700)刊。8巻8冊。義経伝説を下敷きに、主人公が諸国の遊里を遍歴しながら色道の研鑽 (けんさん) を積んでいくさまを描く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉